多汗症を治す為にできること

多汗症を治そうと思った時にどんな方法が思いつくでしょうか。
実は治療法というのはいくつか方法があり、今はその中から自分に合ったもの、自分で良いと思ったものを選べる時代にあります。

 

なので必要なのはどういった治療法があるのか知ること、そしてそれぞれの特徴やメリットデメリットをしっかり理解して、自分で選択することだと思うのです。

 

このサイトではそんな選択を助けるため参考になる情報を集めてみようと思います。
まず最初は一番重要などんな治療法があるのか、そしてそれぞれの特徴について書いてみようと思います。

 

まずもっともポピュラーと言いますか、多汗症を病院などで見てもらった際に勧められる治療法が手術ではないでしょうか。

 

これは汗をつかさどっている神経を何かしらの方法で操作することで汗を止めるというもの。
おそらくこれが病院で勧められる方法かと思います。

 

病院によっては健康保険が適用になるので、治療費もそこまで高くありませんが、それでも10万円前後はかかると思ってください。

 

この治療法の一番の利点は病院できちんと治療を受けられるということ、それに即効性があるという点です。
手術後すぐに汗は止まります。

 

ただデメリットもあるのです。
それは副作用です。

 

一部の汗を止める手術をした結果、他のところから大量の汗が出るよういなってしまったという症例が非常に多く、余計に生活しにくくなったということもあり得るのです。

 

これが一番怖いですね。
この副作用があるため手術を躊躇する方も多く、私個人的にもあまりお勧めできません。

 

次に治療法と言っていいのかわかりませんが、有効な対策法としてボトックス注射があります。
これは厳密には治療ではなく対策。

 

あくまで一時的に汗を止めるためのものです。
期間は人にもよるのですが概ね半年に一回程度ボトックス注射を打つことで汗を止めます。

 

副作用なども少なく有効なのですが、決定的な問題は費用です。
1回10万前後のお金がかかりますので、年に20万を一生続けていくことになるのです。

 

余程金銭的に余裕がなければできません。
最後に紹介するのが私もおすすめしている治療法で、汗を出している原因となるものを改善して汗を止めるというもの。

 

これは体の中から汗を抑えるという方法で副作用などはありません。
また費用も最も掛からず効果に関しても実践者も多く実際に治っている人も多い実績のある方法。

 

詳しいことは下のサイトを見てもらうのが早いと思いますので、ここで説明するよりもより詳しく書かれているサイトを紹介します。

 

多汗症を手術せずに治療する方法

 

上記サイトに詳しく書かれていますので、そこでこの治療法については詳しく見てください。